世界中を旅したくなる本「WORLD JOURNEY」の紹介

世界一周完全ガイド
こんな人に読んで欲しい!
・海外旅行や世界一周に行きたいけど、時間が無くて行けない
・いつか行こうと思うけど、具体的にどんな準備をしたら良いか分からない
 

「WORLD JOURNEY」の魅力

この本を読むと旅に行きたくなるし旅に必要なことが分かる。

世界一周をした旅人の経験談から、実際にかかる費用や出発前に準備してすること、旅の楽しみ方から注意することまで書かれているからです。

「世界一周航空券」の紹介もあります。

「世界一周航空券」とは、最長1年間で最大16回飛行機に乗れる夢のチケットです。価格も40万ほどで想像よりも安いと思います。

旅へ行きたくなるし行くことは別に難しいことでは無いと気づくはずです。

また本には旅人たちが実際に撮った写真が載っていて、本を読むというよりは雑誌やカタログを読んでいる感覚に近く、気軽に読めるのもおすすめです。

印象に残った部分の抜粋

『会社帰りにふっと決心して、自宅に寄ってパスポートとクレジットカードだけ持って、スーツ着たまま空港へ行って世界放浪へ出掛けちゃったんだ・・・』41ページ(旅に出掛ける前に)抜粋
 

そんな急に旅に出掛ける人がいることに驚いたと同時に自分も後先考えず、旅に行ってみたいと思いました。

一歩踏み出すことに怯えて結局踏み出せずに後悔するくらいなら、やって後悔したいと思わせてくれます。

『きっかけは、大学の授業で、先生が言った「アルバイトして月7万円を稼ぐくらいなら親に84万借金してでも、1年間くらい遊んだ方が人生のためになる。お金はあとで返せるが、時間は帰ってこない」という意味の言葉です。』45ページ(旅に出掛ける前に)から抜粋
 

時間は帰ってこないという絶対的な事実に、日々の生活での1日1日をもっと大切に使いたいと思ったし、やりたくないことをしている時間はないことに気づきました。

『フィリピンのパラワン島で乗ったバスなんて、「出発時刻?なに言ってんの?お客が集まったときに出発するに決まってるじゃん」って感じだから、出発まで半日くらい待ったね。

 

まぁ、フィリピンに限らず、世界中でそういうのはよくあったけど、別に先を急ぐような旅じゃないから何も気にならなかったな。』121ページ(旅先でのあらこれ)から抜粋

 

首都圏で働いていると常に急いでいる人ばかり周りにいて、自分の心も休まるときがないので、海外に行ってのんびり時間を気にせず旅をしたいと思いました。

日本にいる時でも、時間を気にせずのんびりする時間を作りたいとも思わせてくれました。

まとめ

ぜひ皆さんも「world journey」を買って世界中を旅しましょう!

僕もこの本を片手に世界中を旅しますので、また世界のどこかでお会い出来たらと思います(笑)

ここまで読んで頂き有難うございました。
どんどんチャレンジしてワクワクする人生にしましょう!

それでは今日はこの辺で、、、see~ya~~

僕自身がロットネス島に行ったときの写真
今まで見た海で一番綺麗でした